「友禅流し」染帯

寒中お見舞い、申し上げます

渋谷・道玄坂上、

 玉川屋呉服店の石井貴彦です

 

お着物での気軽なお出かけが、中々しにくい世情ではありますが、

季節折々のお品を、変わらずにご用意してまいりますので、一つ一つまたご紹介させて頂きたく存じます。

 

お写真の帯は、

童子の衣裳の細部まで、髪の一本まで

精緻に染められた

東京の友禅作家の「や万本 遊幾」氏の染帯となります。

 

 

 

「帯の染め上がり」の詳細と併せて

「染めの工程も動画にて」

玉川屋のHPにアップしておりますので、

 

玉川屋呉服店のホームページのGalleryページよりご覧を頂ければと思います

 

https://www.tamagawaya.info/gallery/

 

この帯を染めた、や万本 遊幾氏のご実家は以前は、私共「呉盟会」のお仲間として、呉服店を営んでおいででした。

 

ご本人は、染色の道を選び、加賀友禅の由水十久氏に師事し、現在は彩密友禅と称される、精緻な染めの作家として活動しております。

 

一枚の絵をお背中に飾る様な着姿を、お楽しみ頂ければと思います。